銀行ローン比較.JPとは?

銀行ローンカテゴリー

フリーローン

個人向けの銀行ローンとして、最も利用者の範囲が広いがフリーローンです。
生活費、レジャー資金、物品購入資金、医療費等、普段の生活を力強く支援してくれるローンです。ただし、使いみちは自由でも、利用にあたって利用する銀行の口座開設が必須のものや、事業性の資金は除くものなどの条件がつけられている場合があるので、銀行ローンを申込む前に比較することがポイントです。

GO

おまとめローン

現在返済中の銀行や信販会社のローン・クレジット・消費者金融会社からの複数あるローンをまとめたり、クレジットの借り換えなどに利用できるのが銀行のおまとめローンです。他社への返済だけなく、本人がも含めることが可能なタイプもございます。銀行のおまとめローンを利用するメリットとしては、現在利用中のローンの金利を下げることができ、返済先が複数から単独になることで返済計画が立てやすくなったり、(条件によっては)毎月の返済額が減るなどのゆとりができます。
銀行によっては「おまとめローン」という商品名ではフリーローンやカードローンの使いみちでおまとめ資金に利用可能としている銀行もあるようです。

GO

目的ローン

銀行のフリーローンに対して、目的を決めて利用するローンがあります。ブライダルローン、トラベルローン、教育ローン、オートローンという名称で銀行からのローンを使うことができます。
目的ローンは特徴としてある目的を達成するためのローンであるため、現金が手元に来ることがない場合や、利用する前に計画書のような書類の提出を求められる場合があります。
フリーローンより若干手間はかかりますが、金利などは低めに設定されていることが多いので利用目的がマッチしている場合に便利な銀行ローンといえるでしょう。

GO

不動産担保ローン

銀行の不動産担保ローンとは、通常は自己(又は保証人)が所有している不動産に抵当(担保)を設定する事によりまとまった融資を受けられる銀行ローンです。
融資額は、抵当を設定する不動産の銀行の評価額と照らし合わせることによりローンの金額の上限が決定します。
つまり、銀行の不動産評価額が高ければ高いほどローンの上限額は変わってくることになります。
他の銀行ローンと比較して融資を受けるまでに時間と手間はかかりますが、どのローンも無担保ローンと比べ金利が比較的低めに設定されるため、
大口の融資を希望する場合には、返済期間を比較の対象に入れて考えれば有利な条件で融資を受けることが可能です。

GO

住宅ローン

住宅ローンは個人が借り入れる銀行ローンの中では最も多額で借入期間も長期間に渡る銀行ローンです。どの銀行においても、最も力を入れているローンでもあります。マンション・戸建てなどの住宅を検討している人からの支持を得るために様々プランが用意されています。
固定金利と変動金利が選べるのはもちろんのこと、固定金利の期間の選択、自己資金ゼロでも可能なプランや、ローンの仮審査は最短で即日回答、金利の優遇、手数料無料で一部繰上げ返済が可能、他の銀行ので借りている住宅ローンの借り換えなど、これから利用希望する方だけでなく現在住宅ローンを利用中の方も、各銀行の住宅ローンを比較してみると現在よりも有利な場合もあるようです。

GO

地方限定ローン

現在、銀行ローンの中で最も注目したいのが、各地方の銀行や信用金庫が行なっている地方銀行のローンです。
大手の消費者金融会社などが保証会社となりローン業務を行なっているのでこれまで個人向けのローンなどを積極的に行っていなかった、地域に密着した地方銀行も新しい商品として積極的にアピールしてきています。利用条件が各銀行の営業エリアになっていることが多いですが、利用可能であれば、全国対応の銀行ローンに引けを取らないスペックなので比較の対象の選択肢に入れてみましょう。

GO